総合避難訓練を実施しました。

 午前9時半に本館厨房より出火。順次延焼のため、在苑児童全員の避難が必要との想定で総合避難訓練を実施しました

 子どもたちは、非常ベルがなり避難の指示がでると、ハンカチ等で口・鼻を覆いながら、避難場所になっている駐車場に やや時間がかかりましたが、全員避難できました。

 苑長先生、大野消防署の小嶋さんからは、避難時に押し合いしている子や、笑いながら避難した子が見受けられた為、「お・か・し・も(押さない)(かけない)(喋らない)(戻らない)」について説明を受けました。また「日頃から訓練をしっかり行なわなければ、実際の火災の時、落ち着いて行動することができず、大切な命を落とすことになる。」との注意をいただき「訓練に真剣に取り組む」ことの重要性を教わりました。 

 次に、水消火器を使用し、消火器の使い方を教わりました。小嶋さんからは「消火器のピンは、火元に近づいてから抜かないと走っている間にレバーを握ってしまい、消火粉が無くなってしまう。」ことを教わり、無事避難訓練を終わりました。

 

避難訓練・消火訓練の様子

2017年07月29日